東京マルイのエアソフトガンの違い

東京マルイ

信頼性の高いエアソフトガンメーカーである、東京マルイからリリースされているエアソフトガンは、大きく分けて3種類です。

 

  • 電動ガン
  • ガスガン
  • エアコッキングガン

 

どの種類でも圧縮させた気体をそれぞれの方法で作り出し、その吹き出す力でBB弾を発射します。

「どのような気体をどうやって圧縮するか」によって、上記3つのカテゴリーに分けられています。

 

◆電動ガン

サバゲーにおいて、メインで使われる形式のエアソフトガンです。

その名の通り、電気の力で空気を圧縮させ気体を作り出します。

発射時の振動が少なく(次世代電動ガンを除く)、狙いやすいという特徴があります。

また、専用の充電式バッテリーや電池を使用し、季節に関わらず銃の性能を引き出すことができ、連射の性能も高く安定しているため、メインウエポンとして使われることが多いです。

 

◆ガスガン

BB弾を装填するマガジンに専用のガスを注入し、そのタンクの中で圧縮したガスを吹き出しBB弾を発射する仕組みです。

発射時に反動があるものが主流なので、「リアル感」を求めるプレイヤーに好まれて使われています。

また、トリガーを引いた瞬間にBB弾を発射する事でき、その「キレ」や「反応の良さ」から、好んでサバゲーで使用するプレイヤーも多いです。

専用のガスを使用するため、ランニングコストがかかることと、冬場は気温の低下でガスが気体を作りづらい環境になるため、使用に少し気を使いますね。

 

◆エアコッキングガン

その名の通り、空気を圧縮する仕組みで、ピストンを手で動かす事で気体を作り出しBB弾を発射します。

電動ガンやガスガンと違い、電力やガスなどBB弾を発射するための動力が必要なく、BB弾を用意すればすぐに撃つ事ができ、使用にあたっての費用はほとんどかからないと言って良いでしょう。

発射ごとにピストンを手で動かさないとならないため、連射がしづらく一撃必中が求められる形式ですね。

 

◆発射パワーについて

事故やケガを防ぐ目的で、エアソフトガンにはBB弾を発射するパワーに上限があります。

 

★日本の法律ではエアソフトガンの初速は「98m/s以内」

エアソフトガンの発射パワーの上限は、98m/s以内と決められています。(正確には0.98ジュールまで)

これよりも発射パワーが高いものは、「準空気銃」や「空気銃」となり、銃刀法で所持する事が禁止されています。

 

サバゲーの各フィールドでもこの規則は遵守されています。

プレイ前に弾速チェックでこの規制を超える銃は使う事ができず、最悪プレイすらさせてもらえない事があります。

ケガや事故を起こさないために、ルールを守ったエアソフトガンを使いましょう。