一撃必中!サバゲーで最強の、ボルトアクションエアーライフルはこれ。

アメリカンスナイパー

東京マルイから、ボルトアクションエアーライフルが2016年12月にリリースされました。

東京マルイからリリースされているスナイパーライフルとして、「VSR10 Gスペック」「L96 AWS」がすでに発売になっていますが、今回ご紹介する「M40A5」は、”一撃必中を叶える、究極のスナイパーライフル”と、東京マルイが珍しく自信満々のキャッチコピーでリリースしています。

M40A5が、最強のボルトアクションエアライフルの理由

前述の通り、東京マルイのボルトアクションエアライフルは、VSR10 Gスペック・L96 AWSと、レベル・人気共に高いモデルがすでにリリースされています。

これらのモデルから得てきた、ユーザーからの数々のフィードバックと膨大なデータに基づいて、新技術を活用し製作されたモデルというだけでもその性能の高さが感じられますね。

M40A5は、前モデルのL96 AWSから7年以上の時を経てリリース

東京マルイの第一・第二弾のボルトアクションであるVSR10 Gスペック・L96 AWSの発売日は、

  • VSR10:2003年12月
  • L96 AWS:2009年8月

です。

正確なデータ収集のため、数々の集弾テストが行われた

前述の通り、これまでのモデルからのフィードバックを十分に活かしつつ、新技術を基にしてM40A5は製作されているため、スナイパーライフルとして重要な「集弾性・飛距離」が高いレベルにあります。

文章で説明するより、下記の動画をみていただけると、その性能の高さを理解していただけると思います。

箱出し状態かつ、風ありの30〜50mの距離から、マンターゲットにヒットさせられるのは、ちょっと驚きです。

また、ボルトアクションライフルの最大の弱点である連射性の低さは、ボルトストロークが実銃よりも短く設計されているため、ある程度カバーされています。

M40A5のスペック

  • 全長:1,200mm
  • 重量:3,400g
  • 初速:92.m/s(平均値)
  • 装弾;35発

全長は長く、重量はあるため、扱いは難しい部類に入ると思います。

ただ、上記動画にもある通り、スナイパーとしてもっとも必要になるのは集弾性・飛距離だと私は思います。

拡張性の高さもM40A5の強みの一つ。スコープとサイレンサーの装備は必須ですね。